緊急にお金が必要でも絶対大丈夫な金融会社

緊急にお金が必要でも絶対大丈夫な金融会社

お金を借りる方法がありすぎる

お金を借りる方法はいくつもあると思います。

事業用で使うお金は別として、個人がお金を借りる場合は、目的や決まっている場合は銀行の目的別のローンが一番金利が安くていいですよね。

正しい申し込んで融資がウケられるまでには、書類を準備したり、保証人を準備したりと様々な手続きが必要です。

保証人を立てるにしても、大抵の人は身内の人に保証人になってもらうケースが多いと思いますが、銀行で住宅ローンなどを借りる場合は、保証人の方にも融資を受ける銀行の支店に来てもらい、契約書にサインをしてもらう必要があります。

お金を借りるというと、消費者金融やカードローンでお金を借りることを連想される方が多いと思いますが、実はクレジットカードで買い物する場合も立派にお金を借りているわけです。

クレジットカードの代金が銀行の口座から引き落とされるまで、カード会社の方で支払いを立て替えている形なっていますからね。その期間はカード会社からお金を借りているような形になっているわけです。

クレジットカードは買い物以外にもキャッシング枠がついている場合、ATM などでお金を引き出して借り入れることもできます。

クレジットカードのキャッシングで現金を引き出すということは、あまりやらない方が多いでしょうが、例えば海外で現地のお金に両替したい場合、両替所で現金を両替してもらうよりも、クレジットカードのキャッシング枠を利用して現地の通貨を引き出した方が、為替の交換レートがお得になり、キャッシングの利息よりもお得になるケースがあるため、よく海外に出張などで出かけられる方は、利用する方が多いそうです。
今すぐお金を借りるならどうしようか。

消費者金融やクレジットカードの返済の延滞はブラックリストに載る

クレジットカードにせよ、消費者金融のキャッシングにしろ過去に支払いの延滞があった場合は、いわゆる個人信用情報に事故情報として記載されることになります。

俗に言うブラックリストに載るというやつですね。

ブラックリストに載ってしまうと、普通のアコムやプロミスなどの消費者金融はもちろん、銀行のカードローンなども契約が難しくなります。

そのためそういった方は、大手の金融会社とは違い地方の各都市で貸金業を営んでいる中小の金融会社からお金を借りるのがおすすめです。

最近はインターネットでそういった会社も融資の申込を受け付けていて、審査に通れば、全国どこでも指定した口座にお金が振り込んでもらえるようになってきました。

最近はコンビニの ATM などでも利用できる銀行口座が増えているので、コンビニの ATM からお金を引き出すのであれば、ほぼ24時間、いつでも元金を受け取れるようになってきています。

非常に便利である反面、すぐにお金が借りれてしまうということで、使いすぎてしまう方も出てくるでしょう。

消費者金融の CM で、「ご利用は計画的に」というフレーズが出てきますが、本当に計画的に利用するのが手軽すぎて難しくなってきているという状況です。

銀行の住宅ローンやマイカーローンのようにお金を借りる方法としては手間がかかって難しいものの方がきちんと計画してお金を使うようになるので、むしろその方がいいかもしれませんね。

手軽にお金が借りれるということは便利である反面、非常に怖いことでもあるわけです。

手軽にお金が借りられるといえば、クレジットカードのリボ払いも非常に恐ろしいものがあります。

毎月一定の金額さえ支払えば良いので、自分がどれだけお金を使ってしまっているのか把握できなくなるという状況に陥る方が多くいらっしゃいます。

カード会社にしてみれば、本人がいくら使ったか自覚できないままどんどんお金を利用してもらえて、しかも利息もどんどん入ってくるわけですから、リボ払いというのはカード会社にとっては非常においしい金融商品となっています。

そのため盛んにリボ払いの変更を求めるメールなどが届くと思いますが、よほどのことがない限り、リボ払いには変更しない方がいいです。

本当に「ご利用は計画的に」が大切ですからね。


ホーム